ローヤルゼリーの原材料と種類について

ローヤルゼリーは、働き蜂が採取した花粉や蜜が主原料となっています。
ミツバチは花粉や蜜を体内で消化、分解し、ローヤルゼリーを分泌します。

 

王台という部屋に女王蜂の候補となっている卵が産まれると、孵化した幼虫たちがローヤルゼリーを食べて育っていきます。
このようなミツバチから採集したローヤルゼリーが、健康食品などに利用されています。

 

ローヤルゼリーは製造過程から大きく3種類に分けることができます。

 

生ローヤルゼリーは、人工の王台から採取したローヤルゼリーを瓶詰めにした商品で、鮮度も純度もかなり高く、栄養も豊富です。ただし、生であるため、保存がきかず、すぐに劣化するという欠点があります。養蜂家が自宅用として利用することはありますが、これは、商品の性質上、流通させることは困難なもので、かなり貴重で高価なものになっています。

 

乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーを乾燥させて粉末状にしたものです。
保存ができるというメリットがある反面、加熱することで水分を蒸発させているため、ローヤルゼリーの栄養素が破壊されるという欠点があります。

 

そのため、近年は新鮮なローヤルゼリーを瞬間冷凍し、真空状態にしたうえで、加熱せずに水分を蒸発させる特殊な製法が用いられるケースが多くなっています。
このような商品は、瓶詰めやカプセルに封入され、市販されています。

 

調整ローヤルゼリーは、ローヤルゼリーに他の原料や食品添加物が配合されたものです。100%ローヤルゼリーではありませんが、生ローヤルゼリーを全体の6分の1以上配合しているという基準は満たしています。

 

副原料としては、卵殻カルシウムやコエンザイムQ10、馬鈴薯などが配合されることが多くなっています。液状やソフトカプセル、糖衣錠などで販売されています。