ローヤルゼリーの摂取量と飲み方について

現在はさまざまなローヤルゼリー商品が流通していますが、どのようなことにポイントを置いて商品を選んだらよいのでしょう。

 

まず重視すべきなのは、ローヤルゼリーの含有量です。
ローヤルゼリーについては、1日当たりの制限量は定められていませんが、たくさん摂取したから高い効果を得られるとは限らず、かえって過剰摂取することでお腹がゆるくなることがあります。1日摂取量は500〜2000mgを推奨します。

 

次に、ローヤルゼリー商品のパッケージに記載されている摂取目安量を確認してみると良いでしょう。一日の目安量でどのぐらいのローヤルゼリーを摂取できるかを計算して選ぶという方法もあります。

 

しかし、中にはパッケージに記載した含有量とは異なるといった粗悪品も出回っています。例えば、パッケージに500mgのローヤルゼリーが含まれていると記載されているのに、実際は他の原料や添加物を含めて500mgというケースも多くなっています。

 

ローヤルゼリー商品は、全体の重量の6分の1以上のローヤルゼリーを含まなければならないという規定があります。そのため、パッケージにはその規定を満たしているかのように表記するケースがあるのです。

 

では、品質を見極めるためにはどうすればよいのかといいますが、メーカーが品質や生産工程を厳重に管理しているかどうか、チェックすることです。

 

ローヤルゼリーは飲み方を間違えると、せっかくの栄養素が損なわれてしまうことがあります。一般のローヤルゼリーは、飲み方に決まりはないのですが、お茶や甘い飲み物と一緒に摂取しないようにしてください。

 

というのは、糖分と同時摂取すると、体内にあるビタミンB1が消費されてしまい、ローヤルゼリーの有効成分の作用が弱まるからです。
また、貧血予防効果がある鉄分は、お茶で飲むとお茶に含まれるタンニンにより、体内への吸収が阻害されます。

 

せっかくの栄養素を効率よく吸収するには、ローヤルゼリーの飲み方に注意する必要があります。