ローヤルゼリーに含まれる成分

ローヤルゼリーは蜂蜜と同様にミツバチから抽出される食品ですが、女王蜂の餌となる貴重な成分で、希少価値も高くなっています。
ローヤルゼリーは蜂蜜に比べて栄養価が高く、サプリメントやドリンクなどに活用されています。

 

ここでは、ローヤルゼリーに含まれる栄養素について紹介していきます。

 

・アミノ酸
アミノ酸は人間の髪や肌を構成する物質で、育毛効果や美肌効果を持っていることでも知られています。人間の身体は非必須アミノ酸11種類と必須アミノ酸9種類から成り立っており、必須アミノ酸は体内で合成できますが、非必須アミノ酸は体内で合成することができません。

 

ローヤルゼリーには、これらのアミノ酸20種類の全てが含まれており、疲労回復や滋養強壮、免疫力アップなどさまざまな健康効果があります。

 

・ビタミン
ローヤルゼリーは、ビタミンB1、B2、B6などビタミンB群、ビオチン、パントテン酸、ナイアシン、葉酸など様々なビタミン類を豊富に含んでいます。
ビタミンB群は、神経の伝達に欠かせない成分で、集中力や記憶力アップ、ストレス解消などに有効です。葉酸は、厚生労働省でも妊婦に推奨している成分です。

 

・ミネラル
ローヤルゼリーには、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウムの4大ミネラルをはじめ、鉄、銅、亜鉛、リンなどが含まれています。これらミネラル類は、人体のあちこちで作用するため、ミネラル不足になると、体のあらゆるところに不具合が生じます。
特に現代人に不足しがちな栄養素であるため、積極的に摂取することをおすすめします。

 

さらに、デセン酸というローヤルゼリー特有の成分もあります。このデセン酸は脂肪酸の一種となっています。

 

このデセン酸は、自律神経のバランスを整えたり、更年期障害の緩和などの効果があります。近年は、ガン細胞を抑える効果についても注目されており、健康効果が高いことが認められています。

 

また、デセン酸には、皮脂の分泌を抑制する作用もあるため、育毛や美肌効果も期待されています。
そして、このデセン酸の含有量によりローヤルゼリーの品質が決まり、デセン酸が多ければ多いほど高品質であると言われています。